著書

15. 双書21・大数学者の数学 フォン・ノイマン 3 疾風怒濤の時代,現代数学社, 2021/9/22.


14. 双書20・大数学者の数学 フォン・ノイマン 2 量子力学の数学的定式化,現代数学社, 2021/6/23.


13. 双書19・大数学者の数学 フォン・ノイマン 1 知の巨人と数理の黎明,現代数学社, 2021/4/22.


12. Feynman-Kac-Type Theorems and Gibbs Measures on Path Space, Applications in Rigorous Quantum Field Theory, 2nd Edition,Volume 2,(with J. Lorinczi),Walter de Gruyter, 2020/3/9.


11. Feynman-Kac-Type Theorems and Gibbs Measures on Path Space, Feynman-Kac-Type Formulae and Gibbs Measures, 2nd Edition,Volume 1,(with V. Betz and J. Lorinczi),Walter de Gruyter, 2020/1/20.


10. Ground States of Quantum Field Models, SpringerBriefs in Mathematics 35, 2019.


9. Point-wise exponential decay of bound states of the Nelson model with Kato-class potentials ANALYSIS AND OPERATOR THEORY - In Honor of Tosio Kato's 100 th Birthday, Springer, 225-250, 2019.


8. 非相対論的量子場とギブス測度,量子場の数理,数学書房,241-298(2016).


7. 経路積分とGibbs測度による量子場の数理,[PDF]New!Section 2.5(Lieb-Thirring不等式)がリニューアル.


6. Feynman-Kac-Type Theorems and Gibbs Measures on Path Space. With Applications in Rigorous Quantum Field Theory (with V. Betz and J. Lorinczi),Studies in Mathematics 34,Walter de Gruyter,2011,pp. 505.


5. Enhanced binding in quantum field theory COE Lecture Note 38, 2012, pp. 206. [PDF]


4. 非相対論的量子電気力学, 現代物理学の歴史II 第44章,朝倉書店, 570--590, 2004.


3. Analysis of ground states of atoms interacting with a quantized radiation field, Topics in the theory of Schroedinger operators ed. H. Araki and H. Ezawa, 145-272, World Scientific, 2004.


2. Nonrelativistic QED at large momentum of photons, Garden of Quanta eds. A. Tonomura et. al., 167-196, World Scientific, 2003.


1. 開放系のスペクトル解析:汎関数積分によるアプローチ, 『数理物理への誘い4』,遊星社,143--174,2002.


正誤表

1. 大数学者の数学 フォン・ノイマン 1-3 [正誤表]


著書(出版予定)

1. 現代の数学への道 関数解析の初歩,サイエンス社,2021出版予定


教科書

1. 島田伸一・廣島文生著:線形代数の基礎講義[共立出版] 2017.NEW!


数学教育に関する論文

1.  摂南大学工学部学習支援センターの開設, 工学・工業教育研究講演会講演論文集, 597-598, 2004. [HP] [PDF]


雑誌など

8. 現代数学の眺め---歩踏み込む現代数学の世界 [数理物理]. 数理科学 (2021年6月号)サイエンス社


7. 無限の世界をみるための数学的思考と発想,『無限と数理』,数理科学 (2017年2月号)サイエンス社, 巻頭言 2017 [立ち読み].


6. 量子力学の数学, 『物理学における様々な数学的発想』,数理科学 (2016年4号)サイエンス社,14-21,2016.


5. Martin Heirer 業績紹介, 数学68,65-72,2016. [PDF]


4. 量子力学と関数解析,『解析学と物理学』,数理科学 (2012年5号)サイエンス社,20-25,2012.


3. 確率論的場の理論,『確率論的物理観』,数理科学 (2008年12月号)サイエンス社,54-61,2008.


2. 量子論,『数学と物理の対話』,数理科学 (2006年5月号)サイエンス社, 24-29,2006.


1. 場の理論における埋蔵固有値の摂動問題, 数学57,70-92,2005.[PDF]


編集

14. 時間・量子測定・準古典近似の理論と実験〜古典論と量子論の境界〜,九大MI研究所LN,2022/3開催予定. MI研究所


13. 量子場の数理とその周辺2021/12開催予定のRIMS講究録.


12. 量子場の数理とその周辺2021/3開催のRIMS講究録2201,2021.


11. スペクトル散乱理論とその周辺2020/12開催のRIMS講究録2200,2021.


11. 量子場の数理とその周辺2019/6開催のRIMS講究録2187, 2020 RIMS 講究録


10. 量子場の数理とその周辺,RIMS講究録2123,2019. RIMS 講究録


9. 量子場の数理とその周辺,RIMS講究録2089,2018. RIMS 講究録


8. 無限の世界をみるための数学的思考と発想,『無限と数理』,数理科学 (2017年2月号)サイエンス社, 巻頭言 2017 [立ち読み].


7. 量子場の数理とその周辺,九大MI研究所LN72,2017. MI研究所LN


6. 量子場の数理とその周辺,RIMS講究録2010,2016. RIMS 講究録


5. 量子場の数理とその周辺,RIMS講究録1961,2015. RIMS 講究録


4. 量子場の数理とその周辺,RIMS講究録1921,2014. RIMS 講究録


3. 量子場の数理とその周辺,RIMS講究録1859,2013. RIMS 講究録


2. Spectral and Scattering Theory and Related Topics, RIMS Kokyuroku Bessatsu B45 April,2014.


1. Mathematical Quantum Field Theory and Renormalization Theory, COE Lecture Note (Kyushu University) Vol. 30 (2011). [PDF]